車 売却 必要書類

車売却の際の必要書類

車売却の際に必要書類について解説しますが、普通自動車と軽自動車では若干異なっているのでご注意下さい。

普通自動車を売却する際の必要書類

  • 運転免許証
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 印鑑登録証明書 2通(発行1ヶ月以内のものに限る)
  • リサイクル券(預託済みの場合のみ必要)
  • 実印

例外的に必要となるもの

  • 住民票(住所変更を一度行った場合)
  • 戸籍の附票 もしくは 住民票の除票(住所変更を2度以上行った場合)
  • 戸籍謄本(姓が変わっている場合)
  • 所有権解除書類(車検証の所有者がディーラーなど本人以外となっている場合)

 

さらに 譲渡証明書 委任状 が必要となりますが、これらは買取業者側が用意します。
また売却した車の代金を振り込む銀行口座も控えておきましょう。

 

軽自動車を売却する際の必要書類

  • 運転免許証
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車税納税証明書
  • リサイクル券(預託済みの場合のみ必要)

さらに自動車検査証記入申請書が必要となりますが、こちらは買取業者側が用意します。
売却した車の代金を振り込むの銀行口座も控えておきましょう。

 

必要書類を紛失した場合 再発行できる機関

自動車検査証(車検証)

普通自動車は、陸運局(運輸局・支局)
軽自動車は軽自動車検査協会

 

自賠責保険証

加入先の保険会社

 

自動車納税証明書

ナンバーを登録している地区の県税事務所や自動車税事務所

 

軽自動車税納税証明書

市町村役場

 

印鑑登録証明書

印鑑・実印登録をした市町村役場。

 

リサイクル券

自動車リサイクルシステムのサイトにある、リサイクル料金検索に車の情報を入力し、「自動車リサイクル料金の預託状況」を出して印刷。
これがリサイクル券の代わりとなる。

 

運転免許証

運転免許センター 警察署 運転免許試験場
*一部地域では警察署では不可

 

 

なかなか多いように思える車を売却する際の必要書類。
しかし、普通自動車を売却する際の印鑑登録証明書以外は、紛失していなければすでに手元にあるはずです。

 

買取業者によって、別にもの(装備品の説明書)などがあれば査定額がプラスになります、といった事もあります。
査定時や売却時に、問い合わせれば必要書類に関しては全て教えてくれますのでご安心下さい。

 

地域によって発行・再発行場所や手続の若干の違い等ある事もありますが、その辺りの事も地域の業者ならしっかり教えてくれます。

 

 

車を高く売却するため切り札、一括査定の正しい使い方をトップページで大公開。
この方法を使えば、数十万円愛車が高く売れる事もあります!

 

 

 

車を高く売るための一括査定の-正しい使い方-