車 売却 事故車

事故車でも売却する事はできる

過去に修理歴のある車や、ボディやエンジンルームなどがかなり破損したり、水没して動かなくなってしまった事故車。
事故車になってしまうともう売る事は出来ないイメージがありますが、売却する事は可能です。

 

修理歴有りで、現在普通に走行可能な車であれば、車種や年式などによっては数十万円で売却出来る事もあります。

 

完全に動かなくなった事故車でも、数万円から10万円近い金額で売却出来る事も可能です。

 

なぜそんな事が可能なのか?
買取った車は赤字にならないのか?
疑問に思ってしまいますよね。

 

買取業者は事故車を買取り、どのように利益を上げているのか解説します。

 

修理歴有り程度なら中古車として再販売が可能

市場に出回っている中古車を観察すると、修理歴有りのものがかなり目に入ります。
もちろん車種や年式、走行距離などがほとんど同等の修理歴無しの車に比べればかなり安く売られています。
しかし人気車や新しい車だと、極端に安くは売られておらず、それでも買手は付くのです。

 

例え過去事故車だったとしても、その他の面で価値を持つ車ならば業者も利益が出せますから、良い値段で売却出来る事は珍しくありません。

 

不動車でも価値がある
水没車や事故車等、完全に不動車となり、修復も難しい状態になってしまったものは、さすがに中古車市場で再販売するという訳にはいきません。

 

しかし破損していない部品の中には、お金に換えられるものが含まれている場合があります。
特に海外ではこうした部品の需要は高く、輸出する事で利益を出せる業者は少なくないのです。

事故車の定義とは

事故車と修理歴車
この2つは紛らわしい所があるので、ここで整理しておきましょう。

 

事故車

事故歴のある車の事です。
広義においては、軽い自損事故程度も事故車に含まれますが、中古車市場で指す場合は事故によって車のフレーム部分が破損し、そのままの状態の車を指します。

 

修理歴車

フレーム部分が破損し、修復や交換をしたものが 修理歴車となります。
フレーム破損の原因は事故でも自然災害でも同じです。
修理歴車を事故車と指す場合もあります。

 

 

事故車を動けるように、修正もしくはパーツを交換している修理歴車の方が、商品価値が高いというのは言うまでもありません。
しかし上述した通り、事故車=不動車でも売却出来る業者は存在しています。

 

 

事故車や修理歴車を可能な限り高く売りたい!
それなら一括査定を使いましょう。
一括査定なら、事故車や修理歴車でも積極的に高く買取る業者が多数登録していますよ。

 

 

 

一括査定で事故車・修理歴車を出来るだけ高く売る!