車 売却 オークション

車のオークションを使った売却方法について知ろう

車は様々な方法で売却できまが、オークションを使った方法もその1つです。

 

オークションを使った方法は大きく分けて2つ。

  • 売りたい車を代行業者に業者専用オークションに出品してもらう
  • ヤフオクなど個人が利用できるネットオークションに自分で出品する

どちらもオークションを使って車を売るという事は共通していますが、利用するオークション会場やその質、そして手順など全く異なる方法だと考えて下さい。

 

それぞれの方法について解説していきます。

 

代行業者に出品してもらう方法

オートオークションと呼ばれる、業者専用の中古車オークションが各地で開かれています。
一般の方はここに出品できませんので、代わりに参加資格を持つ業者に売りたい車を出品してもらうという方法です。

 

オートークションは落札者のほとんどが中古車販売業車です。
買取業者も買取った車の多くは、ここに出品します。

 

規模が大きく、参加者も多いため、落札されやすい・落札価格が高くなりやすい というメリットがあります。

 

ただこの方法を使うと、代行業者に手数料を支払う必要が出てきます。
落札されない事もあるので、そうなると手数料や出品料を支払い車は売却できないという結果になってしまいます。

 

ネットオークションに自分で出品する方法

ヤフオクGooオクに自分で出品するという方法です。
個人売買的な側面が強く、買手と売手がダイレクトに取引ができるため中間マージンが発生せず、高く売却できる時はかなり高くなります。

 

ただし、売却した後に名義変更がしてもらえない、入金されない、といったトラブルが起きた例も数多く報告されています。
これまで何度も個人売買を経験してきた、という方でないとリスクが大きすぎる方法かもしれません。

 

 

正直な所、どちらのオークションを利用した方法も、あまり一般の方にはオススメできない方法です。
知人にこの分野に慣れた方などが居て、サポートしてもらえるというのであれば、挑戦してみるのも良いかもしれません。

 

現在、買取業者に売却する事が主流となっているのには、安全・確実に売れる・高く売れるなど、沢山のメリットがあるからです。
中古車の売買事情についてかなり詳しいという方以外は、一括査定を利用して車の高額売却を狙う方法をオススメします!

 

 

 

一括査定を使って高額売却する方法はトップページへ